07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

メイドインゲーチス制作裏話 


メイドインゲーチスの投稿から1週間ほど時間が経過しました。今回はその裏話について。

まず最初にメイドインゲーチスを作ろうと思った切欠。それはいつも如く夢のお告げ。メイドイン俺はポケモンBW発売以前のソフトです。今まで作った任天堂悪役シリーズには勿論、ポケモンBWの要素は含まれていません。そこで今回は「ゲゲゲのゲーチス」みたいに公式資料のみをふんだんに使い、シュールかつ悪役的なものを作りたいと思ったのでそこで作業を開始しました。

最初にメイドインゲーチスの主役となるゲーチス、そしてマリオシリーズで言うヨッシーに相当するゲーチスの相棒、サザンドラのドット資料を公式資料とにらめっこしながら完成。

今回はシュールさを目差していたので単純に既存のゲームのキャラを差し替えるだけでも面白いかなと思いました。元ネタは主にメイドイン俺の中に収録されていて、誰もが知っているものばかりを選びました。コンテスト入賞作品とかは知らない人は知らないので誰もが一目でダイヤモンドソフトのパロディー(悪く言えばパクリ)とわかるようにしました。それに作品呼び出しも容易ですから大量生産向きでしたし。

一番最初に作った(というかキャラを差し替えた)プチゲームは「けいさつゲーチス」。元はあそぶメイドインワリオに内蔵されているカット&アナのプチゲームです。もしこの警察犬がゲーチスとサザンドラだったらどんな風に泥棒を懲らしめるのかというのを想像して面白そうと感じたので早速キャラ差し替え。しかしただ単にキャラを差し替えただけでは芸が無いのでそこは爆発等の破壊的な演出を加えたり、泥棒を無事に下まで引きずり落としたらサザンドラが泥棒を噛み殺すという演出を加えました。

ゲーチスの戦闘カットインの64×64の絵2枚組みは主に選択肢系で多様しました。こちらも「かいてんずし」や「プラズマクイズ」などでゲームを引き立てるために配置しました。

また、キャラ差し替えやパロディーばかりもあれなのでゲーチスらしい要素もいくつか加えました(ポケモン解放等)。勿論、主人公はゲーチスなのでゲーチスの思い通りの物事が展開したらゲームが成功するようなシチュエーション等を考えました。

途中でサザンドラの鳴き声が既存の効果音だけで再現できそうだったのでサザンドラの鳴き声AIも取り入れました。主に「よろこび」+「ライオン」と「ブーイング」+「ライオン」の組み合わせ、さらに最小サイズのアニメーションという構成となります。これもメイドインゲーチスの内容を引き立てるのに役立ってくれました。元々怪獣系の声は闇のディアルガで使いましたがそれをさらに進化させたらこうなりました。

オリジナルBGMは長さ普通のゲーム用にゲーチスの演説時のBGMの最初のパート、長いゲーム用にはゲーチス戦の例のコーラス(コーラスのみの部分)の後のパートを採用しました。こちらは耳コピ用にyoutubeが重宝しました。

折角メイドインゲーチスと謡うならプチゲームも18種類作成してジャンル「ゲーチス」として発表したかったのでゲーム選抜はかなり時間がかかりました。あるときはAI不足、またあるときは絵のサイズ不一致等。そこは適度に休憩を重ねる内に新しいネタが思いつくまで別のことをしていたり今までのゲームの見直しなどをしていました。
また、指令文やゲーム説明文もゲーチス仕様にしたかったので「~のです!」を多様して正にゲーチス本人から指令を受けている感じにしたかったので台詞資料も眺めました。ちなみに一番最後に完成したのが「ポケモンかいほう(その2)」です。そこでもゲーチスが原作で発した台詞をしゃべらせています。他に「おみせごっこ」は「それぐらい けいさんずみ ですとも!」という有名台詞のためだけに用意したネタとなります。ちなみにブランド名はプラズマソフト。勿論、彼の率いる組織、プラズマ団が元です。


そして18種類のゲームが完成したところで再度見直し&難易度調整。人間のフィールドドットだと元ネタのドットよりも当たり判定が小さいため、難易度が上昇したゲームもいくつかあります(ポケモンかいほう(その1)等)。「ゲーチストリップ」で、ゲーチスとサザンドラ全体が当たり判定だど一言で無理ゲーです。こちらは判定があまりにも大きすぎます。なので何度もチェック。さらに今回はWiiでプレイするので難易度を少し易しめに設定しました。

そしていざ撮影と思いきや、PC表示のタイムラグがあまりにも酷くてまともなプレイになりませんでした。これではいかんと思い、2分配式のAVケーブルを購入。これでラグ問題は解決。しかし任天堂悪役ゲーム集のときはよくこれ無しで動画撮影できたなと思ったり。

続いてプチゲームの流れについて。失敗時に特別な演出があるゲーム4種類で失敗してきりの良いところで動画を終わらせるという流れが理想となります。「プラズマクイズ」や「だんいんせいれつ」みたいにゲームの失敗時にゲーチスが怒る等の特別な演出があるゲーム等を優先して失敗させています。「そろえてプラズマ」や「ポケモンかいほう(その1)」みたいに何もしないと失敗するゲームでは演出も特別でなく面白みが無いのでそこは必ず成功させています。

プチゲームは18種類目までは必ず流れてその後、またランダムで18種類のプチゲームが流れるという感じです。動画撮影での理想としてはまず18種類のゲームを1回ずつ成功→4種類の失敗すべきゲームで失敗して終了という流れです。これを圧縮しても100MBギリギリでニコニコ動画に投稿できるサイズになりました。最初はほぼ理想の流れで32点終了の動画が撮影できたのですがサイズがあまりにも大きすぎたため断念。一応今回の23点も理想に近い動画は撮影できましたけど。ちなみに同ブログに記載されているメイドインゲーチスの説明書では動画で流れる順にプチゲームの説明をしています。

動画撮影にはどのゲームで成功を魅せ、どのゲームで失敗を上手く魅せるかというテクニックだけでなく運も必要でした。一度に何度も録画するとその内、音と画面の表示にラグが生じてゲームこそはまともにプレイできているものの、動画再生の方がまともにならなくなります。なので時間を置いてパソコンを再起動させて調子を戻しては理想の動画になるまで録画の繰り返しです。なので本当は「ゲーチスずし」が成功しているシーンを2度も流したくはありませんでしたがこればかりは仕方がありません。

折角のメイドインゲーチスなのですから表紙も改造しました。メイドイン俺の表紙は公式でもメーカーが存在するのですがそれにさらに手を加えました。そのパッケージがゲーム動画の最初に出てきたら面白そうだったのでWiiの写真チャンネルを利用して動画で付け加えられるような形式にしました。ちなみにCERO_Aで全年齢対象ですが殺害や破壊、恐怖的な表現も含まれています。どれも少年漫画でよくあるようなレベルの表現ばかりです。

こうして3分33秒のメイドインゲーチスの動画が完成しましたとさ。今のところメイドインゲーチスのデータが内蔵されたdata.binファイルは配信していませんが需要の声さえあれば配信する予定となります。

ちなみにポケモンBWの各人間キャラの登場回数
・ゲーチス:18回(全プチゲームに出演)
・プラズマ団したっぱ男:3回
・プラズマ団したっぱ女:1回
・主人公男:2回
・主人公女:2回
・チェレン:2回
・ベル:2回
・アララギ博士:2回
・アデク:2回

ポケモンの登場回数
・サザンドラ:13回
・ツタージャ:2回
・ポカブ:2回
・ミジュマル:2回
・チラーミィ:2回
・ウルガモス:2回

プラズマ団関連以外の面子は主に「ポケモンかいほう」シリーズのモブキャラとなります。動画には出演していませんでしたが確率でアララギ博士とチラーミィのコンビも出てきます。トゲゾーなどはポケモンではないためカウントしていません。

直、某雑誌人気No.1もとい表向きのプラズマ団の王、Nは出演していません。ゲーチスがNに外の世界を見せないようにするプチゲームという案も一応はあったのですけどね。

以上で制作裏話は終了となります。これでまた当分メイドイン俺の制作画面には触れないかも。
スポンサーサイト

category: メイドイン俺

Posted on 2011/05/24 Tue. 06:23  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://darkshadow911.blog42.fc2.com/tb.php/664-339acc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。