09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

【※ネタバレ注意】破壊の繭とディアンシー感想 

20140719_120913.jpg

久々にブログ更新のネタができたので感想を掻い摘んで記載します。ネタバレ注意。

●序曲
劇場マナー説明役がニャースからセレナ&ユリーカに。まぁ悪役なニャースにマナー守れと言われても「お前が言うな」と帰ってきそうですからね。今回のORAS情報は概出情報ばかり。去年のオーロットポジションは無し。

●短編
・ダークライの出番が少なかった。折角人気投票No.1のポケモンなのに。でもダークライの暗黒世界の雰囲気は好き。
・ジラーチの世界でアマルスとチゴラスが共存していたけどそれだと図鑑設定と矛盾していないかしら…。
・鍵も積もれば山となる。もしあのまま元の世界に帰れる鍵を大量の鍵山に紛れ込ませてしまったらと思うと…。だが流石ピカチュウはできる男。

歴代映画の主役ポケモンたちを振り返ることができて懐かしい気分にもなれた短編でしたね。

●長編
・カルネ&メガサーナイトVSガンピVSメガハッサムで相性的にガンピ側が有利なはずなのにカルネのメガサーナイトのムーンフォースでログアウト。ハッサムのやられやく補正は異常。
・ダイイの声ではゲーチスボイスの吹き替えに使えそうな程の「厳つい声の●●のです!口調」
・フラダリさん…でなくカエンジシ♂が冒頭に登場してピカにやられる。
・世間知らずも甚だしいお姫様ディアンシー。そんな彼女を一人野放しは危険すぎると思いました。
・ロケット団の盛大な糠喜び。…でも消えるまでに1日とかある程度時間掛かったらそれでも大金持ちの予感。
・ゲッコウガの舌は恐らく三重巻き位…?。ゲッコウガの舌がちぎれるかと思いヒヤヒヤしました。
・セレナ&ユリーカの女性陣のサービスシーン満載の中でディアンシーに合うサイズの服がよくあったもの。
・レギュラー陣の協力者と予想していたアルガス&ミリスもマリリンやライオットと同族の盗賊(つまり悪者)。でもチョコ好きという点でアルガスさんとルカリオは気が合いそうな気がしました。
・…で御三家最終進化は全員悪役ということになりますね。
・アルガスさんが食べているチョコの入手先はホウエン地方とORASの宣伝もちゃっかりしておりましたね。
・ゼルネアスに会うなり即座にフェアリーオーラを与えてくれる空気の読めるゼル姉さん。
・ダイヤの作れないディアンシー=カカオの無いチョコレートというやはり自分の好きなチョコから頭が離れないアルガスさん。福神漬けの無いカレーとかパワフルハーブ無しのゴッドバードとかダークホールの無いダークライと言った例えでもわかりやすいですね。
・盗賊たちのドンチャン騒ぎによって目覚めてブチ切れる邪神イベルタル様。
・イベルタルのデスウイングを被弾した生物や無機物は石化するという設定、原作でも採用してくださいな。
・イベルタルのデスウイングに被弾して石化したマフォクシーを見て悲しむマリリンは心のそこから悪というわけではない人間味のある女の子だなと感じました。
・そしてイベルタルの大破壊に懲り、ディアンシーは諦めようと言い、マスクを外してマリリンと抱き合ったまま石化するライオット。
・イベルタルの大破壊によって次々と森が破壊されていく熱いシーンは最高にワクワクしました。物が壊れる瞬間は美しい…。
・ゼルネアスを見た瞬間急に大人しくなるイベルタル。
・ピカチュウの尻尾にデスウイングがかすかに被弾していて時間差で石化が始まるピカチュウ。ミュウツーの逆襲のときはサトシ石化でしたが17作目の今回はピカチュウ石化という。さぁ!ワタクシはレギュラー陣の絶望する瞬間の顔がみたいのだ!
・…と思いきやゼルネアスの力で石化したしたものは全て元通りというポケモン映画らしいハッピーエンドに。まぁここでピカチュウに死なれたら株ポケとしても困りますからね(メタ発言)。
・ライオットとマリリンがアツアツすぎて爆破しろ。最初のうちは商売敵だった男女同士から恋に目覚めるといった展開もなかなか熱いですけどね。
・…ところでデスウイングで石化した状態で衝撃が加わり粉々になった後の状態でゼルネアスに再生されたら体もバラバラのまま再生されてとてもグロテスクな光景になったのでしょうかね。

●エンディングクレジット
・ヒトツキ一族チョコレート美味しそう。是非リアルポケセンでグッズ化してくださいな。それとチョコレート屋に転職するアルガス親子。
・リクルートスールのマリリン&ライオット、そしてライオットがマリリンに指輪を。やっぱりライマリ末永く爆破しろ。羨ましい。
・次回映画予告を飾ったポケモンはゲンシグラードンとゲンシカイオーガ。

なんというかイベルタルも自然の摂理の1つだったので完全に邪悪な存在というわけではなかったのですね。言うなればアニポケのスピアーやアリアドス、ペンドラーのポジションの超凶悪化版といったところ。なのでイベルタルがディアンシーとゼルネアス2匹がかりで袋叩きにされるということはありませんでした。小さな人間のちょっとした悪意が大きな災いを呼び起こすものだなぁと思いました。恐らくビシャス(セレビィの映画の悪役)だったら自分のポケモンが石化しても「こうでなくては面白くない!良い獲物だ!」と言いそうですけどね。

後はディアンシーの種族値と技を調査して良個体を確保せねばなりませんね。使う予定は無いですけど。それと今回はディアンシーの厳選がややこしいおじさんたちによる追加イベントのせいで面倒なことに…。この仕様考えたの誰でしょうかね。

来年の映画も楽しみにしておりますスタッフの方々。
スポンサーサイト

category: ポケモン

Posted on 2014/07/19 Sat. 12:54  edit  |  tb: 0   cm: 1  

コメント

修正によるコメント承認し直し、お手数掛けて失礼いたしました。
コメント、出来る限り短くしました(それでもちょっと長いですが

短編でのダークライの出番の少なさは、自分も「えっ?こんだけ?」って思いました(何のための人気投票なのだ・・・

ハッサム、これで映画デビュー三回目ですね(セレビィ、ゾロアーク、そして今回はOPのみ
あの飛行艇、ミサイル搭載というなんと物騒な・・・(
聖なるダイヤは、どことなくマ○ーブレインっぽい要素が(壊れたら滅びる
ゼルネアスがCGで描かれていたうえ、喋るのに、イベルタルは・・・。石化効果のあるデスウィングを見て、もし喋るのであれば、中の人はアララギ博士が似合いそう(
あの石化、実際映画で見て衝撃的でした(何だか、自分もマリリンと同じ気持ちになった気がして・・・
エンディングで、盗賊たちのその後が描かれていて安心しましたが、マリリンとライオットは、「何故そうなるw」と呆然するしかなかったです。
リア充爆発ならぬリア充石化しろ。そんな自分も家族と過ごしていて(これでもリア充扱いされるようですが)、恋人いない歴更新中です(聞いてない

仮面のビシャス、もしかしたらイベルタルを目覚めさせて世界征服。なんてやりかねないですね。ビシャスを超える悪役は今後(映画で)、現れるか・・

ブラック #aiMm5YXE | URL
2014/07/20 00:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://darkshadow911.blog42.fc2.com/tb.php/828-2e63f035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。